×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MAYDAYMAYDAYMAYDAY.gif
MAYDAYMAYDAYMAYDAY.gif

メーデー!メーデー!メーデー!
4.30弾圧を許すな
8.5プレカリアート@アキバ
〜やられたままで黙ってはいないサウンドデモ→集会〜


【開催のお知らせ】

集合2006年 8月5日(土)14:30 * 終了しました。
場所総評会館(千代田区神田駿河台3-2-11) http://www.sohyokaikan.or.jp/access/
交通:【地下鉄】千代田線・新御茶ノ水駅、丸ノ内線・淡路町駅、都営新宿線・小川町駅
     (いずれもB3出口/徒歩0分)
     【JR】御茶ノ水駅(聖橋口/徒歩5分)
サウンドデモ16:0018:00(予定 [デモコース詳細]
集会[総評会館]:18:0021:00(予定)


不安定さを強いる社会を転換させよう。生きることがこれほどにも大変なのは、言われるほど自分のせいではない。おかしいのは仕事も住居も、からだもこころも、日々の暮らしのすべてを不安定さに晒すこの社会だ。

なるほど目の前には「自由」が吊り下げられている。際限のない生き残り競争の果てに、互いの生を貶め合う「自由」だけが与えられている。しかし見るからにそれは自由ではない。偽物はいらない。

プレカリアート(不安定さを強いられた人々)が自らのものとした声は、人がつながりあう場へと街路を取り戻すサウンドデモとして表現された。これを封じ込めようとして、警察は恫喝と盾と不当逮捕を持ち出した。だが、すでに発せられた声をかき消すことなどできない。誰もやられたままで黙ってなどいないからだ。

私たち自らが望むものをはっきりさせようと思う。それはただここに出会い、話し、驚かされ、喜び、生きることである。欲しいのは、考え、動き、表現することの中に、互いの生を交錯させる自由である。これらを奪うことを許さない。そのために力を尽くそう。

2006年7月
実行委一同

【実行委運営上の確認】
政治的立場の違いを暴力によって「解決」することを実践し、その行為と思想を正当化し続ける人びとの参加はおことわりします。

※「8.5サウンドデモ→集会」に賛同する団体・個人、そして何よりもこの取組みを成功させるために動いてくれる仲間を募集しています。ぜひ連絡を! → 詳細(「賛同のお願い」のページへ)

※ 連絡先:mayday06q(at)yahoo.co.jp(メーデー救援会)
      paff(at)sanpal.co.jp(フリーター全般労働組合)
      war_resisters(at)yahoo.co.jp(戦争抵抗者の会)
      070-5587-3802(抵抗電話)
MAYDAYMAYDAYMAYDAY_love.gif